医局を辞めて、転職で失敗しない。

医局を辞める時に気を付けるべきこと。「私、医師転職で失敗しないので。」

医局を円満に辞める

医局を円満に辞める

「私、失敗しないので。」

あるドラマで有名になったセリフです。先生方もご存じのように、絶対にオペを失敗しない女性医師のお話です。このサイトでは、

「私、失敗しないので。」

を医師の転職の世界で実現できるようにしたいと考えています。
医師がキャリア選択をする際に、失敗を可能な限り回避してより良い医師人生を歩むことが出来るように、医師が転職を検討する際に気を付けるべきことをお伝えさせていただきます。医師転職で失敗しないためには、医局と上手に折り合いをつけることが重要です。医局を辞める時に気をつけていただきたいことを記します。

ドラマでもまさにそうですが、医局に依存せず自分の力でキャリアを切り開くのがベストです。そういう意味では、フリーランス医師が究極の理想形です。なかなかそこまでは・・・という先生の場合は、医局を辞め民間病院に転職するのが現実的でしょう。しかし、今の病院へ転職したものの何らかの不満があり再度の転職を考えている先生は少なくありません。また、今まさに医局を辞めようかどうしようか悩んでいる先生など、医局を離れて自力での病院探し(医師転職)を始めることを考えている先生は大勢いらっしゃいます。このサイトを失敗しない転職をするためのご参考にしていただければ嬉しく思います。

現状に何らかの不満を感じて日々を過ごしている先生は多い

若手の先生、中堅の先生は激務によって疲弊している方が多いです。24時間365日働いている、休みが無い、国公立病院で給与が少なくアルバイトをしないと生活が成り立たない、少人数のチームなのでオンコールから解放されない、緊急手術・急患が多い、主治医制なので実質的に休みがゼロである等々。

そんな時に、ふとネットサーフィンをしていると、魅力的なキャッチコピー(例:当直なし、年俸2,000万円、部長待遇で◯◯センターの立ち上げをお任せします!など)で甘い誘いを掛けてきます。

そんな医師求人広告がつぎつぎに目に飛び込んできます。このように、Web上には医師求人、医師募集の情報が溢れかえっているのです。大小問わず全国各地に数多ある病院ホームページの採用情報を覗けば、各科の医師募集情報を多数見つけることができます。従来、大学医局の派遣先になっていた病院でも診療科によっては公募OKのところもありますし、医局員引き上げにより医師不足に陥り、好条件で医師を求める病院も珍しくありません。

今や、大学から医師を送っていただける恵まれた環境の病院の方が少ないのです。市中病院の多くは医師を自力で招聘することできず、恒常的に医師不足の状態に置かれているケースが多数見受けられる。

医局を辞める際に、医師を強力にサポートできるのが医師求人、医師転職支援会社という存在

そんな医師不足の病院が、医師を確保したい時に頼るのが、医師求人広告や医師紹介会社です。
医師求人広告は医師の心理を巧みに利用して、病院の医師求人情報をより魅力的に見せるような仕掛けがなされているものです。そんなことは誰もが頭では分かっていますが、広告には不思議な力はあり、現状に不満があり能動的に医師の転職情報を探してネットサーフィンをしている医師から見ると、上述したようなキャッチコピーはとても魅力的に映ってしまうのです。普段は冷静沈着な先生の判断能力を瞬時に麻痺させてしまう破壊力を持つ場合もあるようです。

「俺が広告なんかに引っ掛っかかるもんか。」

と思っている先生は多いのですが、それでも広告が巷に溢れているのは効果があるからです。本当に好条件の求人もありますから、広告が全部悪いという訳でもありません。しかし、医局からの転職における失敗が多いのは、このような広告会社や医師紹介会社の煽りが災いしているのです。

医局での処遇に不満を感じている先生が医局を辞めた。市中病院へ転じたものの、理想と現実ギャップに茫然自失となり、短期間で転職を繰り返す失敗例珍しくありません。赤く見えた隣の花が実は全く赤くなかったのです。医局を辞めた後に後悔するのでは遅すぎます。辞める前にしっかりと準備すべきです。それをなさらなかった先生は、また次の「理想の病院」を求めて果てしない病院探しの「失敗の転職旅」のパーマネント・トラベラーに堕してしまうのです。大学病院や医局派遣の立派な病院(中核病院や公的病院)のみでずっと勤務してきた真面目な先生ほど民間病院に転じてみて、両者ののギャップに驚き失望するケースが多いのです。

医局となかば喧嘩別れで退局した場合や、義理や礼節を欠く辞め方をしたような時には、当然の報いで医局関連病院は勿論、その医局の影響力が及ぶ病院や地域での就職ができなくなることを覚悟する必要があります。事ここに至って初めてこの転職が失敗だったと気付いてもそれを挽回するのは不可能です。今後医局に所属する先生減少する可能性があります。いずれ辞めるのなら、辞めると決断した時に気を付けるべき点を頭に置いて行動した方が良いでしょう。

医局や学閥、人間関係という目に見えない壁は今も昔も今後も存在し続けます

医師人生のどこかのタイミングで医局を去る場合には、礼を尽くして出来る限り円満に、快く送り出してもらえるように、そして困った時にはいつでもまた連絡を取り合えるような関係を維持して医局を離れるべきです。
そのための努力を惜しんではなりません。医局を辞める選択肢を選んだとしても良好な関係を続けていくことは難しくありません。

幸せな医師人生を送るために

幸せな医師人生を送るためには、適切なキャリア選択やスキルアップに加え戦略的な世渡りが必要です。当然、短期的には不条理を甘受したり、忍耐を重ねる局面もあるでしょう。しかし長期的視点で見れば正しい選択だということも多いです。
医局での修行期間はまさにそうです。給料は安く、休みがあまり無くてもかけがえの無い経験や人脈、同門の仲間などはそこでしか得られない貴重な財産と言えます。

医局を辞めて、医師として自分の目指す道を進みたいと転職を考えている先生へ

医局を辞めてご自分の身一つ、医師としての腕と人脈を頼りに生きていく場合は、転職で失敗しない為にも転職候補となる病院の実態を出来る限り慎重にお調べ下さい。辞める前にしっかりと準備して下さい。

症例数や患者層、常勤医師、理こと長、院長、学閥、医療設備、病院の評判、更には経営状態、経営母体、経営方針など、入職前にチェックしておくべき項目は多岐にわたります。目先の年収やポジションも大切ですが、仕事にやりがいを感じて長く勤められる病院かどうかを吟味して病院選びを慎重にしないと後で後悔するものです。入念に調査しても実際に勤務してみないと外から見えないことは沢山あるので、ある程度の段階で決断する必要がありますが、事前に調査できることはしてきましょう。

年収や給与、お金はとても大切なものですが、多くの先生にとっては、それ以上に大切にしていることや優先度が高いものがあるでしょう。
それを満たしてくれる病院かどうか、を優先して調べるべきです。

転職を考えているものの、医局からどうしたら上手に離れられるのか分からない先生、誰かに相談したい先生、またはアルバイトを探したい先生のご参考になれば幸いです。医局の辞め方、今後の関係性を悪くしない上手な戦略的撤退のアドバイスができると思います。

医局からの転職で失敗しない為に、サポートスタイル医師求人のサービスをご利用下さい。

サポートスタイル医師求人は、安易に医局を辞めることや頻回の転職を勧めることはしません。既に転職を決意している先生や転職先を探す必要がある先生を精一杯のサポートします。医局を辞めることが出来ないという理由だけで自らが強く望む働き方が出来ないという先生が少なくありません。前述のように医局との円満な関係はとても大切ですが、他人の顔色を常に窺うことに終始して自分の人生を制限するのはもったいないことです。

転職のお問い合わせは下記フォームからお願いします。

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ