医局を円満に辞めるスキル 5方法

円満に医局を辞めることが大切

先生、医局を辞めたいと思ったことはありますか?医師なら誰でも一度は考えたことがあると思います。
しかし、そう簡単にはいかないことがしばしばです。無理に辞めてしまえば、引き続きその地域で医師活動を行っていくことが困難になってしまうことだってあるのです。不穏当な表現といわれることを覚悟でいえば、教授の胸先三寸で先生を村八分にできるのです。そんな医局制度は、まだまだ生き残っています。

医師は転職先を見つけることより、医局を辞めることのほうが難しい

とても良い転職先を見つけても、問題なのは円満に医局の辞められるかどうかです。円満に退局をして、その後も医局と良い関係を築けている先生は押さえるべきポイントを押さえています。この記事では先生が円満に医局をお辞めになるために心掛けていただきたいポイントをまとめています。よろしければご参考にされて下さい。

医局を円満に辞める方法1「やむを得ない状況を作る」

教授、医局長も人です。鬼ではありません。やむを得ない状況で退局を切り出せば無理に引き止めることは出来ません。

例えば、
病院経営している実家の親がそろそろ引退するので、
跡を継がなければならないなどが良い例かと思います。

しかし全ての先生方の親が病院経営をされているわけでもないので、
最も使いやすいのが、家庭の事情です。

・親の介護
・子供の進学関係
・妻の勤務先の関係
などの問題があるといえば、
そうそうに引き止めることは出来ません。

この方法を使う大事なポイントは、
家族の了解をしっかりともらっておくということなので、
しっかり将来的なライフプランを交えながら、話をしましょう。

医局を円満に辞める方法2「絶えず情報収集をしながら、タイミングを図る」

先生が医局を辞めることによって一番困るのは残された先生です。言い出したタイミングが悪く、次の医局人事が固まったあとに退局を申し出てしまうと上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。

医局を辞める最適なタイミングをご存知ですか?
医局人事の状況をリアルタイムで把握するためには、院内の動きを日頃から情報収集しておく必要があります。しかし、あまりに露骨に動きすぎると、
「あの人辞めるんじゃないの?」
と噂がたてられてしまうと、元も子もなくなってしまいます。注意して行動していく必要があります。

医局を円満に辞める方法3「妥協案を提示する」

先生が医局をが辞めることで医局側にはどのような影響が出てくるでしょうか。マンパワー不足が一番の悪影響でしょうか。
特に人員の不足している医局、病院では残された先生の怒りは収まりません。ですから、先生から先に病院に対して妥協案を提示して、その見返りに医局を辞めさせてもらうという手法もアリでしょう。

例として、
・1年間の期限付きで地方病院の勤務を申し出る
・無償の残業を快く引き受ける

僻地に行けばそのぶん時間はかかってしまいますが、要求だけしているよりはいくぶん譲歩している分だけ受容していただけると思います。

医局を円満に辞める方法4「経験者からのアドバイスをもらう」

先生より前に医局を辞めた先生方がいて、その先生と連絡が取れるのであれば経験者のアドバイスをもらうのが良いでしょう。
ただし「円満に辞めている」のが絶対条件になります。また医師のキャリアパスを知り尽くしたプロのコンサルタントに相談するのも一つの方法でしょう。知識や経験も豊富で、
転職まで寄り添ったサポートができるので終始安心できるというのもあります。

医局を円満に辞める方法5「教授が変わるタイミングを狙う」

教授が変わると医局全体の方針や考え方が変わることが大半です。先生が医局を辞めたいタイミングと必ずしも一致するとは限りませんが、このタイミングに上手く当たれば新しい医局の方針にはついていけないという
理由で退局へとつなげることができます。この辞め方は、円満なケースに入るかどうか、グレーと言えますが辞めるタイミングや理由として申告しやすいものです。

いかがでしたでしょうか。
円満に医局を辞める方法を考えていくと、なかなか大変なものだなお思いになったと思います。

エムスリーキャリアでは、円満に医局を辞めたいと思う先生方のサポートを行っています。
先生がめでたく医局を無事に辞めることができれば、
・これまで出来なかった領域の医学を学ぶことができる
・給与や条件なども飛躍的に良くなった
以前にも増して、活き活きと仕事ができるようになります。

・まだ考えがまとまっていない
・将来的に医局を辞めたいと考えている

そんな方も、まずは気軽にご相談ください。

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ