医師求人の動向

医師が充足していても求人広告を出し続ける訳

本日は医師常勤(転職)市場のお話です。
医師が足りない病院が求人広告を出すのはわかります。読者の皆様も経験があるでしょう。 同じ診療圏で患者のやり取りなどもあってなんとなく内情が伺える病院。どうやら恒常的に医師が不足しているらしい・・・あの雑誌にも、あの会社にも、いつも求人出してるよね。とういうような。

そういう病院も勿論少なくありません。

本日私がお話したいのはそういう病院ではありません。一応、定員は埋まっている。現場もうまく回っている。それでもいつも求人広告は出している。何故???という病院があります。

最近の流れとして、東京近郊の常勤は埋まりつつあります。現在募集を出しているところには
「足りているけど、今の医師の代わりがいれば代えたい」
という、我々からすれば恐ろしい求人理由が珍しくないようです。
以前だったら医師が面接で落ちることなどありえなかったのに今では珍しくなくなっています。

世間的には「医師不足」と言われていますが、充足し始めているところはあるのです。そういうところでは医師が「選ばれる側」になる時代です。

2012/09/23追記
どうやら業者が病院に頼んで募集していない架空の求人広告を載せるということが本当にあるようです。詳細はリンク先をご覧いただきたいのですが、「こんな有名病院さんともお付き合いがありますよ」と誇示する、箔を付けるために無料で掲載してるとか。事実なら看過出来ない話です。

-医師求人の動向
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ