医師求人の動向

東京近郊では医師の充足率が高まっている

東京近郊において、医師の充足率が高まり、求人が減っています。世間で言われている「医師不足」の実態は都市部への偏在であることをを裏付けるものです。

医師紹介会社サイドではマッチングが年々厳しくなり、売上を増やすことがだんだん難しくになっています。医師紹介会社の置かれる環境は厳しさを増し、サバイバルできる企業は限られてくるでしょう。
例: メディカル・ハイネットの破産

短期的には上記のような見通しですが、長期的にはどうでしょうか。
一般に、充足率が高くても転職市場が消えるということはありません。例えば医師よりも余っていると思われる歯科医師求人は一定数あり紹介会社も複数存在します。医師が一生同じ職場で過ごすということがない限り、一定の充足率の中で転職市場は保たれると考えられます。

ただし、コマ数を埋めるだけの採用というのはなくなり、(普通のビジネスマンと同様)一定の採用基準を満たす医師しか採用されなくなると考えられます。市場が適正化され、一定以上のスキルと人間性を持った医師が活躍する時代が来るということです。真に実力がある人が正等に評価される時代が来るのは、医師の労働市場が成熟したことを意味するのです。

とはいえ、数年のスパンで医師の採用基準が急激に上がるということにはならないでしょう。人間性が低くコミュニケーション力が低い一部の先生の働き口がなくなるだけで、普通の先生はほとんど影響を受けないのではないかと思われます。

-医師求人の動向
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ