アルバイト医師向け税制講座

MMPG定例研修会「税制改正大綱を踏まえて対策をしましょう。」

経過措置型医療法人とは

経過措置型医療法人とは、平成19年4月1日以前に設立された持分のある医療法人である。 ここでの「持分」とは、①財産の払戻し請求権があること、②残余財産の請求権を有していることである。現在では持分の定めのある医療法人を設立することはできない。

医療法の改正前に設立された持分のある社団医療法人は、当面この経過型医療法人として存続することになる。すなわち、改正医療法44条4項は適用されない。現在の医療法人の大多数は、この経過措置型医療法人である。

経過措置型医療法人がいつまで存続するか(経過期間)について、厚生労働省は具体的な時期を明示していない。数年毎に医療法が改正(見直し)されている。次回の医療法改正に併せて、経過措置型医療法人について撤廃するとも言われている。医療法人の非営利性を徹底するために、持分ある社団医療法人の持分について消滅させたいとの思惑がある。

今回の事業承継税制に経過措置型医療法人は適用外で、事業承継は難しくなるとの意見がある。

-アルバイト医師向け税制講座
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ