MRT(株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー)

MRT (株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー)

左側のコンテンツ40%

右側のコンテンツ60%

一般的な医師紹介会社とは異なり、2000年に東京大学卒の医師たちによる医局の互助組織として誕生したのがMRTです。

【使い勝手】
単発のスポット医師アルバイトや医師転職・開業、医師賠償責任保険に至るまで幅広く紹介しています。なかでも、スポット求人が充実していることがMRTの特長でしょう。コンタクトバイト、検診バイトの充実度は他を圧倒しています。また、そのシステムに特徴があります。スポットの勤務を確定したものの、都合が悪く行けなくなった場合に「代診の手配」が可能です。これは、やむを得ない理由でご勤務を休まれる場合、MRTが代わりの先生を探してくれるサービスです。また、「スポット出し」「コミュニティ出し」といった他の会員医師からのエントリーを募れる仕組みもあり、医療機関や先生方にも迷惑をおかけすることがないよう配慮したサービスがあることが特徴です。MRTのスポット案件の特徴は「都市部は強いが地方は弱い」印象です。「レギュラー」(いわゆる定期非常勤)の求人案件数は他社と比べて特別多い訳ではありません。都市部は強いです。「常勤」も頑張っています。レギュラーと同じく都市部が強いです。コンタクト併設眼科などの「開設医」案件があるのもMRTの特徴です。

【総評】
MRT社員の平均年齢は28歳。若い女性が多い会社です。MRT内部が病院事業部、コンタクト事業部、検診事業部などに分かれていているようでです。コンタクトに応募した際と当直に応募した際で担当者が異なります。これも他の医師紹介会社(自分を担当するコンサルタントは固定される)とは違うところです。後者の場合、担当者が気に入らない場合はチェンジを要求するかその会社自体をボイコットするので気に入らない担当者と対峙することを回避できます。ところがMRTの場合担当者を指名できないので仕事内容によっては希望者以外が担当となる可能性があります。

これまで述べた印象をまとめると、スポット重視の都市型フリーター医師御用達といった印象です。スポットの充実度と手数料の安さから、スポット市場におけるシェアはかなり高いものと推察します。最近、某医師紹介会社の方から伺った話です。複数の取引先医療機関の担当者から、「以前御社から紹介頂いたあの先生、最近はMRTでうちのスポットに入ってますよ。」と言われるようになったと伺いました。というのも、MRTの方が紹介料も安く、(医療機関の担当者が作成する)サイト上の求人作成が簡単なため、どうしてもMRTに流れがちとのことでした。数は少ないですが、時々産業医の求人も出てきます。

値上がりのある急募案件を会員医師に配信していることが人気の秘訣でしょうか。忙しい先生はいちいち各社のホームページまで案件チェックに行かないでしょうから、医師ひとりひとりにカスタマイズされた新着かつ美味しい案件を配信できるようなところが生き残ると予想します。

【企業情報】
株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー
設立 平成12年1月26日
拠点:1箇所(本社)
従業員数 42人(2010年8月31日現在)
医師紹介実績 累計 477,589件
医師会員数 19,289人 口コミ93% (平成24年11月末現在)

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ