医師紹介会社関連ニュース

「Dr.アルなび」新バージョン活用法

新しくなった「Dr.アルなび」。「新着表示」が無くなってしまいましたが、ここを見なければ重要な情報を見落とすことになります。何とかならないか?と考えた私の対策をここに示します。

1.「新アルなび」はログインして使うことが大前提になりました。
従来の「Dr.アルなび」にも「マイページ機能」があり、それなりにワークしていました。しかし、MRTなどと違い「ログインしなければ何も見れないサイト」ではないので、ログインせずに使う人が多かったと思います(私もそうでした)。しかしこの方法だと「Dr.アルなび」は更新が早く、件数も多いのでライトユーザーの方には検索が面倒で使いにくかったのだろうと推察します。そこで、予めユーザーの希望条件を登録してもらうことで色々検索せずに少ないステップで絞り込んだ情報を提供しようというコンセプトで開発が進んだものと思われます。

2.「マイページ」を作成し、希望条件を入力する。
新アルなびは「定期」「スポット」に分かれました。どちらかでログインすれば、交互を行き来できます。「定期」「スポット」ともに希望条件を3条件ずつ設定できます。複数登録できるサイトは少ないのではないでしょうか。3条件あるので、相当マニアックな要望にも応えられるはずです。「キーワード入力」もできるので、「気になるあの病院のスポットは絶対に見落としたくない」という場合は、「○○病院」をキーワード指定してスポット1枠をそれに充ててしまえばよいわけです。

3.(重要)新着お知らせメールを活用する
Dr.アルなびには希望条件に合った案件が出たらメールで知らせてくれるシステムがあります。注意が必要なのは「定期1条件」「スポット1条件」だけということです。マイページで絞り込んだ定期・スポット各3条件の1条件ずつしかお知らせできない点にご注意ください。各条件を吟味のうえ、最優先の条件を選んでいただければよいと思います。「毎日1回お知らせする」ようにすれば、毎日知らせてくれます。これを使わない手はありません。

1-3.をまとめます。

  • とにかく楽に希望案件をゲットしたい先生は、マイページを作成して希望条件を登録後、お知らせメールの受信をする。
  • 取りこぼしを防ぎたい先生は、お知らせメールの受信+一日一回はログインして3つの希望条件に合致する案件がアップされていないか確認する。

このような手順でいかがでしょうか。筆者はサイトリニューアル後、後者の対応を取っています。これでほぼ問題なく情報収集できています。

2010/11/01 修正
11月1日より「新着表示」を復活させることも可能になりました。

-医師紹介会社関連ニュース
-, ,

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ