医師紹介会社関連ニュース

医師紹介会社のm3.com career利用についての考察

エムスリーの求人欄、m3.com career. 数年前までは情報が少なくその利用価値は低いものでした。ところが、既存の医師紹介会社から手数料を取ってm3.com careerに自社の求人案件を掲載させる手法(テナント入店)でコンテンツを急速に充実させてきました。m3.com careerをチェックすることで数社まとめて求人情報をチェックできるようになってきたのです。忙しい先生は最低限ここをチェックしていれば重要案件を見落とさずに済むようになりました。

テナント入店している医師紹介会社群は自社のコンサルタントに我々に向けたメッセージを発信させています。中には有用な情報を発信してくれるので連載が楽しみなコンサルタントがいます。複数の会社のコンサルタントメッセージをまとめて見れるのもm3.com careerの魅力のひとつ。筆者もよくここで勉強させていただいています。

m3.com careerはこのように進化し続けているのですが、長期的には自社で全て賄い、テナントは排除する戦略なのではないかという思いを最近強くしています。

昨年末、エムスリーはSMSと提携し自社でも医師紹介業に乗り出してきました。医師紹介会社としての顔を露わにしつつあるのです。最近になって「病院直接応募の案件」と「人材紹介会社経由で応募の案件」に明確に分けてきましたが、「病院直接応募の案件」には、m3.comを利用する医師なら誰でも有難い、m3ポイントがたまる求人も増えているのです。どうせなら、ポイントがたまった方が有難い。我々の心情を良く理解しています。「人材紹介会社経由で応募の案件」にm3ポイントは当然付かない。この辺りの戦略がとても巧みです。

最近、m3.com careerに求人を載せている某医師紹介会社の方と話す機会があり、この点について質問してみました。驚くべきことに、その会社ではm3.com career経由でくる医師からの問い合わせは「非常勤求人」においては50%を占めるまでに増えているそうです。その会社は自社のサイトも優れているのですが。その担当者は危機感を顕にして言いました。
「エムスリーは将来的には我々を排除して全部自社でやるつもりなんです。」

m3.com経由で来る医師の殆どはバイト目的で、常勤はまず決まらないと聞きます。今のところエムスリーによって「医師転職市場」が脅かされているわけではありません。エムスリーの提携先であるSMSの医師紹介部門はまだまだ弱く、他社を排除して全部自社で賄うにはまだ時間がかかると思われます。しかし、m3ポイントを駆使した巧みな誘導など、エムスリーは今後も着実に手を打ってきます。医師紹介会社業界全体の趨勢にも影響を及ぼしかねない巨人、エムスリーの動向には注目していく必要があります。

-医師紹介会社関連ニュース
-,

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ