医師紹介会社総論

医師紹介会社を使う際のお試し勤務

医師紹介会社を使う際のお試し勤務とは

医師紹介会社 お試し勤務

医師紹介会社 お試し勤務

医師紹介会社を使って、定期非常勤のアルバイトをする際、もしくは常勤で入職する場合にはお試し勤務をすることをお勧めする。

ご存知の先生がは多いと思うが、これは正式採用前に1回ないしは数回や一定期間、スポットとして勤務することを指す。面接後にお試し勤務を実施する場合もあれば、面接無し・トライアル勤務のみの場合もある。逆に、スポット非常勤のお試し勤務はない。面接もないことが多い。そもそもスポット自体がお試し勤務であると言える。

お試し勤務のメリット

正式に長期間の勤務契約を交わす前に、双方が双方の働きぶりや勤務環境を事前に確認できる。そこに意義がある。100%とは言えないまでも、勤務後のミスマッチ発生を減らすことができる。デメリットは、短期間で双方が(誤った)判断をしてしまうリスクがあることだ。一度や二度の勤務で働きぶりや勤務環境を判断されてしまうので、たまたまその日の勤務だけ不測の事態が発生した場合(外来数が通常より多い等)や、その病院の診療に慣れるのが遅かった場合は入職NGになる確率が高くなってしまう。

お試し勤務を実施する医療機関は増えているものの、例外もある。

精神科の外来案件や現在勤務中の医師との交代案件(勤務中の医師に問題あってのの交代の場合は特に)がそれに該当する。これらの案件はその性質上お試し勤務の実施は難しい。お試し勤務であっても給与は当然発生する。しかしながら、お試し勤務時は給与形態が異なる医療機関も稀に存在する。特に、特別なスキルを要する案件ではその傾向が強い。予め医師紹介会社のコンサルタントに確認しておいたほうが良いだろう。医療機関側の負担として、医師の給与に加えて医師紹介会社への支払い(スポット勤務の紹介手数料)も発生する。
「この定期非常勤に興味があるけど、続けられるかな・・・」
と不安に思った際は、お試し勤務をされることをお勧めする。それが医師、医療機関双方にとってメリットのある解決法だ。お試し勤務を断る医療機関は非常に少ない、なぜなら、お試し勤務は自分の医療機関に興味を持ってくれる先生を獲得する絶好の機会だからだ。給与は発生するが、実技の伴う入学試験のようなものと考えれば良いだろう。

-医師紹介会社総論
-, ,

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ