医師紹介会社総論

医師紹介会社を利用するメリット・デメリット

医師紹介会社を利用するメリット・デメリット

医師 転職

医師 転職

医師紹介会社を利用するメリットは様々にありますが、大きなメリットとして、自分で求人情報を集める必要がないという点があります。今の勤務先の医療施設で仕事をこなしつつ、新しい職場となりうる転職候補先の求人案件を簡単に紹介してもらえます。

大手の医師紹介会社には、毎日のように求人情報が追加されています。
膨大な医療関連の求人情報の中から、最適な転職先を見つけることができて、スムーズに転職活動が行えるのが最大のメリットと言えます。

また、コンサルタントが橋渡しをしてくれることにより、あなた自身の負担が軽くなるのも嬉しいポイントです。人事担当者との面接の回数が少なく済む傾向にあるので、何度も担当者に会うことによる精神的な負担の軽減に繋がります。
では、逆に医師紹介会社を利用した場合デメリットはあるのでしょうか?

医師紹介会社を利用するデメリットは?

基本的に医師紹介会社を利用する場合、医師にとってデメリットはありませんが、しいて挙げるとすれば、登録するコンサルタントの評判はもちろんのこと、担当エージェントの技量により紹介できる案件に差が出やすいということです。

医師転職サイトに登録すると、あなたをサポート担当する転職コンサルタント(エージェント)を付けてくれます。この転職エージェントは採用に繋がって初めて紹介報酬を貰えるシステムになっているのです。

ですから担当するコンサルタントによっては、とりあえず入職しやすい医療機関を勧めてくるかもしれません。もちろん、本人の意思よりもこちらの求人が向いているという善意から紹介してくれるケースもありますが、明らかに件数稼ぎのような対応をするコンサルタントには注意が必要です。

医師紹介会社で失敗しないための選び方

こうしたデメリットを回避するには、複数の医師紹介会社に登録し、エージェントの評判だけでなく自分の転職活動に親身になってくれるコンサルタントに出会うことがポイントといえます。

紹介会社それぞれによって、サービスの内容や得意分野などにも違いがあるので、いくつかのサイトに無料登録して比べてみるとよいでしょう。

また、紹介してくれる求人の件数や内容は悪くないけれど、担当者とそりが合わないような場合は、思い切って担当者を変更してもらうことも効果的です。

医師紹介会社を選ぶ際には、求人情報はもちろんのこと、担当コンサルタントがどこまでサポートしてくれるのかが重要なポイントとなります。キャリアプランや働き方、転職先へのさまざまな交渉、入職後のフォローに至るまでを、複数サイトから徹底的に比較して選ぶことで失敗するリスクを格段に減らすことが出来ます。

-医師紹介会社総論
-, ,

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ