初期研修

研修医1年目、途中で辞めたい!ひとりで悩まずご相談ください。

研修医を辞めるということ

初期研修中断

初期研修中断

初期研修医を辞めたくなってしまった、何故に臨床研修制度などが存在するのだろうか。
「研修医を辞めたい」「初期研修を継続不可能である」と悩む初期研修医は少なくない。生真面目で、真面目で、優秀な先生ほど、そうなりやすい。一生懸命だからだ。昭和の時代には、教授のよる絶対君主制ともいうべきいわゆる白い巨塔の時代があった。教授を頂点とした人事組織に組み込まれ、在籍中の大学医局の雁字搦めの制約の中、いかに辛い状況下でも、「もう少し あと少し...」と我慢するしかなかったのである。

2004年に厚生労働省によって行われた新研修医制度をトリガーとして、絶対君主として君臨してきた教授のよる教授のための医局制度が音を立てて崩壊した。同時期に勃興したインターネットにより、研修医の就職スタイルも変化した。研修医が自由に就職転職先を探すことができるようになったのだ。
「研修医を辞めたい!」と思った時に、何をすべきか、何を考えるべきか。解決策は必ずあるのだ。焦ることはない。

初期研修医が研修医を辞めたいと思う時

臨床研修指定病院病院、医局、病院勤務、毎日の激務で食事を取る暇もないことが多い彼ら。休みの日もオンコールで呼ばれて、当直明けでもそのままぶっ通しの日勤。疲れ果て、このままドロップアウトして研修医を辞めてしまえたら、どんなに楽だろうかと思うこともある。研修医生活に疲れたなら、日常のモラルをぶち破るほどに、自分の人生を歩む必要があるだろう。

研修医を辞めたいと思う時(精神面、体力面)

  • 当直明けで36時間連続勤務中
  • 臨床研修指定病院の人間関係に疲れた
  • 余裕がなくなって看護師に辛く当たって、オレって態度が最悪だな、と自己嫌悪する時
  • 疲れてしまい、体調を崩してしまった時
  • 患者さんとトラブルが生じた時

初期研修医を辞めたい、休みたいと思う時(タイミング)

  • 結婚をした時
  • 子供が欲しいと思った時
  • 子供が幼い時

初期研修医に一番多い「研修医を辞めたい」と思う時は、このような時である。なんのために研修医になったのだろうか。研修医を辞めたくなっても仕方ないだろう。大学卒業後にマッチングした臨床研修指定病院で初期研修医となったある内科初期研修医の例では、臨床研修指定病院で2年間初期研修をする。ある地方の総合病院である。そこでの2年間初期研修は、診療科も多く臨床経験は様々な経験が色々できるけれど、超ヘビーな忙しすぎる病院であったために、辛い研修になるのが避けられないのは明らかであった。それほどまでに 嫌なら初期研修なんて辞めてしまえばれ良い、そう思える余裕がその先生にはなかった。一番大切なのはご自身の健康だ。健康を害してまでやる必要はない。そう思えなかった。だから、体を壊し、精神まで病んでしまった。本当にそこまでして研修を満了する必要があるのか?研修医を辞める、または中断して他の病院に移って研修を再開するということがそもそも考えられなかった。繰り返すが、自分を壊してまで同じ病院で初期研修やる価値はない。嫌になったら中断し、より良い環境で再開するのだ。そのように自身の初期研修を冷静に見つめ直すことが大切だ。

研修医を辞める理由

仕事がきつくて研修医を辞めたい、このまま初期研修医を続けけていく事が困難である。そんな先生は、一度ゆっくり冷静に熟考した方が良い。大学生の高学年の頃の夢を思い出し、初心に帰ることも必要だ。もっと前にタイムスリップして、そもそも医師を目指した志望動機を振り返ることも必要だ。初期研修を中断する前に、医師になりたいと思った理由、医師を志した理由は何だったのか振り返ることが重要だ。医学部に入るための受験勉強をしていた際には、医学部合格というわかりやすい目標が目の前にあったはずだ。目に見える形で。そういうシチュエーションでは悩みは少ないものだ。一生懸命に勉強して医学部に合格して、さらに6年間一生懸命に勉強して医師免許を取得したのに、初期研修医になったら忙しすぎて自分の人生が見えなくなってしまうこの不幸。この仕打ちはなんだ?と思うだろう。 医師になって人の役にたちたい、誰かのために生きたい、誰かの役に立つ人になりたい、そんな思いもあると良い。病気の人、怪我をした人を救える医師になりたい、患者を治して喜んでもらいたい。悪くない。患者を救う研修医はめちゃめちゃカッコいい。病で苦しむ人、事故や怪我で困っている人を助けられれば素晴らしい。医療を通して患者の苦しみを緩和したい。無医村をなくしたい、それも良いだろう。医療過疎地域のテレビ映像を見て、最も近くの医師がいる医療機関まで徒歩で何時間もかけて病気の中通院する患者さんや怪我人の姿を見て、とにかく困っている人に医療を提供してあげたいと思った、それも良い。医師になったた理由は、人それぞれだ、医師を目指していた、医師になりたいと思っとったのは本気だったろう。自暴自棄になって、それを投げ捨ててしまうのは勿体無い。

研修中断して自分を見つめ直す時間も必要だ

初期研修を中断する前に検討すべき事、やるべき事を考えよう。初期研修を始めたのに、苦労してローテーションしてきたのに、自暴自棄になるべきではない。自分に合った別の臨床研修指定病院を探し、再開すれば良い。

休みがきちんと取れて、当直が少ない病院を探す

まずは過重労働を避けること、しっかり休める環境を確保すること。過剰な長時間勤務で体力的に限界感じている研修医は無理をせず、少し休もう。体力的に限界なら、限界まで働かなくても良い環境、職場を探してみよう。研修中断し初期研修を受け入れて、再開をサポートする臨床研修指定病院はある。

しっかり休める臨床研修指定病院が良い

どんな臨床研修指定病院であれ、病院内の人間関係に疲れ果ててしまった先生、相性の良い先生、相性の悪い先生がいるものだ。本当に辛くて仕方ないと思うなら、無理してそこにいる必要はない。先生の替わりはいくらでもいる。

子供の育児補助があり、しっかり休める臨床研修指定病院を探そう

子供と一緒にいたい!家族との時間をもっと欲しいと切に願う初期研修医の先生。毎日の診療と当直で、自宅にいる時間がほとんどないのが現状でしょう。土日も病棟の患者さん、救急外来の対応で休日は事実上ない初期研修医の先生が多い。しかし、しっかり休めて育児補助のある臨床研修指定病院もある。研修を中断して、そこで研修を再開すれば良いのである。

初期研修医をそのまま辞めてしまわず、研修中断して良い臨床研修指定病院に移って研修再開!

真面目な先生ほど、研修医を辞めたい!と一度は真剣に悩むものだ。臨床研修指定病院でのストレスに耐えられず、研修医をそのまま辞めてドロンしてしまった先生、勿体無い。勤務先の人間関係が合わず初期研修医をドロップアウトしてしまった先生。本当にそのまま初期研修医を辞めてしまって良いのか?そんなはずはない。それでは医師としての道が絶たれてしまう。保険診療ができないのは医師として終わっている。ちゃんとした医療機関では常勤医としてまず雇って貰えない。面接を受けても履歴書だけで落ちてしまう。現実は甘くない。医師以外の道で食べて行くことができない限り、初期研修の途中でドロップアウトしたままでいることは許されない。より良い臨床研修指定病院に移り、心身に負担の少ない環境で初期研修医として再出発できる道を検討すべきだろう。

現在の臨床研修指定病院で初期研修を中断し、別の臨床研修指定病院に移って研修を再開すること。それをお勧めする。しかし、多忙な初期研修医が自力で成し遂げるのは難しいだろう。
プロの力を借りたほうが良い。悩んでいる研修医の先生には、まず民間医局にご登録願いたい。どんな相談でも専任エージェントの手厚いサポートが受けられる。

-初期研修
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ