初期研修

研修医を辞めたい

研修医を辞めたい

研修医辞める

研修医辞める

希望に燃えて研修医生活のスタートを切ったけれども、過酷な日々が続いて疲弊してしまった、人間関係に疲れてしまったなど、研修医を辞めたいという先生のお話を良く伺います。初期研修医の3割がうつ状態であるという報告もあるほどです。お話を伺った研修医の先生方はみなさん真面目な方ばかりで、一生懸命頑張っておられます。良い先生ばかりです。本当にお疲れ様と言いたいです。

初期研修医を辞めてしまう前に、研修中断をまずお考え下さい。
研修中断をご検討されている研修医の先生。ひとりで悩んではいけません。
プロの力を借りたほうが良い。悩んでいる研修医の先生には、まず民間医局にご登録願いたい。どんな相談でも専任エージェントの手厚いサポートが受けられる。

研修医の理想と現実

初期研修医の先生方は新人として医療現場にはじめて足を踏み入れられました。学生実習はもちろんされていますが、学生の時はよくも悪くもお客様でした。職員として初めて現場に入るのですから、慣れないのはやむを得ないでしょう。初期研修医の先生方は皆様高い理想をお持ちです。そのぶん、実際に入職してみると「こんなはずではなかった」という理想と現実のギャップに悩まされてしまいがちです。

初めて経験する仕事のストレスやプレッシャーは相当なものですし、業務は過酷です。ある程度は辛抱できますが、心身の疲労が極限に達してしまうと「辞めたい」となってしまうのです。しかし、初期研修を途中で辞めてしまうのは避けたいものです。お一人で悩まず、助けを求めてください。助けを求めるのは恥ずかしいことでも悪いことでもないのです。

まずは身近な人に相談を

まずは身近な方に相談してください。友達や家族、心の許せる方に素直なご自分のお気持ちを打ち明けましょう。不慣れな職場では話しやすい上司はいないでしょうし、上司に弱音を話す自分の評価が下がるのではという不安が逆にストレスを増大させる懸念があります。誰かに話を聞いてもらう事で気持ちが落ち着きます。それで心の中が整理できて、また仕事を続けようと思えれば幸いです。他には、しばらくお休みを頂いて休息すると同時に気分転換をされるのも良いでしょう。

自己ストレス管理は医師の仕事の一部

医師という仕事は、どうしてもストレスが溜まるものです。ストレスと上手く付き合って、ご自分で解消していくのも医師の業務の一つと言っても過言ではないのです。そうした気分転換やオンオフの切り替えも若いうちから訓練して身につける能力の一つと言えるのです。

自分が壊れてしまうなら、辞めることもご検討を

上記のような相談、ストレス管理は大事ですが、場合によってはそれでもうまくいかないこともあるでしょう。先生が悪いわけではありません。

研修医を辞める前に、研修中断を考えるのもありです。

目を外に向けてみましょう。この職場は正しい環境なのかどうか。客観的に評価することを始めてください。つまり、ご自分が研修するに相応しいところであるのかどうか再検討されてください。具体的には、他の病院や他の研修医がどのような日常を送られているかをヒアリングすることで、ご自分の置かれた状況を検証できます。現状が悪くないのであれば継続する、明らかにおかしければ研修場所を変更することも冷静に考えるべきでしょう。毎日「辞めたい、辞めたい」と考えているのは精神衛生上良くありません。その間の研修にも身が入りません。思い立ったら行動に移しましょう。

でも、忙しいご勤務の中一人で活動するのは大変。研修医の再開・中断なら、
プロの力を借りたほうが良い。悩んでいる研修医の先生には、まず民間医局にご登録願いたい。どんな相談でも専任エージェントの手厚いサポートが受けられる。

-初期研修
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ