初期研修

間違いだらけの後期研修先選び

間違いだらけの後期研修先選び

初期研修先選びは慎重に

初期研修先選びは慎重に

先生、ちょっと待った。病床規模、救急指定、専門医教育施設かどうか、正規の給料。そんなことで後期研修先を選んでいないだろうか。選び方を間違えていると言わざるを得ない。

初期研修医の先生、稼げる後期研修先を選びましょう。

先生の今後の人生を考える時、専門医も大事だが、収入も大事だ。病院から支給される給料はもちろん大事だが、後期研修医になればアルバイトが可能になる。医師の収入は本給+アルバイトで決まる。後期研修先でアルバイトができるかどうか。それがその後の収入に大きく影響してくる。しかし、初期研修医には良いバイト先などわからない。だろう?


プロの力を借りたほうが良い。悩んでいる研修医の先生には、まず民間医局にご登録願いたい。どんな相談でも専任エージェントの手厚いサポートが受けられる。

ご自分の希望の後期研修先に入職して初めて、後期研修のキャリアがスタートする。採用されることが、まず大事である。医師不足で困っている医療機関は研修医確保のために努力しているから、ご自身のワガママを通すチャンスである。まず、初期研修医の場合医師法違反となってしまったアルバイトができるようになる。これによって、アルバイトができる後期研修先、そうでない後期研修先によって生涯年収が大きく変わってくる。とはいえ、採用の判断をするのは病院側でである。採用される側の研修医は採用されるための努力が求められる。

後期研修先の選定

最初に後期研修先の選定しよう。採用されなければ話にならない。初期研修と後期研修の病院を分けることのできる現在の制度はありがたい制度だが、初期研修中に後期研修の採用試験を受ける必要があり、多くの初期研修医には時間的に厳しいだろう。初期後期共に同じ病院で継続して研修を受けることが予め決まっている先生には問題ないが、後期研修を別の病院で考えている先生には面倒だ。また前期・後期を同じ病院でと思っていても、前期研修の途中で気持ちが変わることはよくあることだ。えてして後期研修は別の病院で研修を受けたくなるものだ。

自分の気持ちが一番大切だ

後期研修先はどこにするのか、自身の気持ちを固める必要がある。自身の希望に合ったところを選ぶべきだ。しかし、研修医と病院側双方の意向があって初めて採用になるものだ。出会いや相性というものが大切なポイントになってくる。病院側の経営方針や理念、研修方針を事前に調べて、これならばわいも研修を受けてみたいと思える先を選定すべきだ。給与などの採用条件は重要だが、給与待遇のみで決めてしまうと、研修や医療に対する志の面が弱くなり、採用する病院の方々の賛同を得にくくなる。

研修内容、病院の姿勢、給与待遇面等、総合的に判断してここであれば頑張れるという病院を選ぶべきだ。特に、アルバイトができるできないは非常に大きな問題である。この点についてよく考えるべきだ。

現状に疑問をお持ちの初期研修医の先生、アルバイトができる後期研修先をお探しの先生は上記の医師紹介会社に相談願う。きっと良いアドバイスをくれるだろう。

-初期研修
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ