初期研修

医局に属さず、稼げる後期研修先を自力で探そう

医局に属さない生き方

研修医が稼ぐ方法

研修医が稼ぐ方法

医局に入りたくない。それが若い先生の偽らざる心境ではないでしょうか。
今の若い先生は初期研修を好きなところでできます。マッチングを通らねばなりませんが、医局に属さず、武者修行が出来る。本当に良い時代になったものです。
都心の有名病院には向上心の強い初期研修医が集まり切磋琢磨しています。初期研修修了後もあわよくば有名病院にスタッフとして残りたい。そんな野望を抱いて。そういった病院は名だたる大学の医局がガッチリおさえていますから、外様かつぽっと出の先生が容易に残れるような生易しいところはほとんどありません。当然のことながら。
この時期こそが、大学医局が入局者を待ち構えている時期です。後期研修をどこで受けたら良いのかという情報は初期研修の情報ほど知られていません。よくわからない環境に飛び込むよりは、寄らば大樹の陰で「とりあえず大学」という先生は少なくありません。医局制度が好きならば何も問題はありませんが、「修行は続けたいけど、医局には属したくない」という先生は実はたくさんいらっしゃいます。否、ほとんどの先生がそうでしょう。情報が無いだけなのです。

後期研修先の病院を探す

2年目初期研修医が現在研修中の病院にいながら、後期研修先の別の病院を探すことは、いかにも難しそうですね。ただでさえ忙しいのに・・・
しかし、やればできるのです。むしろ忙しくて最初から諦めてしまっている先生が多いので、初期研修で人気が高すぎて入れない病院でも入れてしまったりします。年収は大学医局に入るよりは遥かに良くなるところが多いです。「若いうちは薄給でも文句を言うな!」という向きもありますが、体力のある若いうちに稼ぎ切ることも重要です。要はバランスで、勉強もできて収入も良い後期研修先はたくさんあるので何も大学医局に入って雑用と薄給に甘んじなくても良いということです。
決して諦めないで下さい。

研修医を辞めてしまう先生もいらっしゃいますが、研修中断のほうが良いです。

研修先の上司に相談

一番お勧めの方法は、初期研修をしている病院の上司に相談することです。先生が興味を持っている診療科の先生に、自分のキャリア構築について正直に話してみましょう。先生が真剣に話せば、相談に載ってくれますよ。上司の先生の人生経験、人づてでしか入らない情報など、貴重な情報が得られるはずです。医師の世界というのはとても狭いものですから、人づてで思わぬところに話をつけてもらえることも珍しくありません。少し勇気が要るかもしれませんが、これはと思う先生がいたら当たってみてください。

美味しい病院は医局が押さえている

ひとつ懸念すべきことがあるとすれば、初期研修医を受け入れるような病院は大学医局がおさえています。スタッフの先生は当然ながら自分の属する医局から若手の入局者を勧誘するよう言われているはずです。どうしても、自分の後輩を確保したいのでややバイアスのかかった(手前味噌な)勧誘をする先生もいるでしょう。そこを差し引いて考えておいたほうがいいかもしれません。もっとも、そんな石橋を叩いて渡るようなことをしていたら人生始まりませんから、上司の先生が良い人だったなら、その先生に賭けてみるくらいで良いでしょう。

初期研修を辞めようかどうか悩んでいる先生へ。

いろいろ書きましたが、忙しいご勤務のなか、先生がお一人ですべてやるのは難しい。それよりは、信頼できる医師紹介会社に後期研修先を探していただくのが良い。

プロの力を借りたほうが良い。悩んでいる研修医の先生には、まず民間医局にご登録願いたい。どんな相談でも専任エージェントの手厚いサポートが受けられる。

-初期研修
-

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ