医師転職

医師紹介会社を使って転職活動する

医師紹介会社を使って転職活動をする

医師転職と不平不満

医師転職と不平不満

転職をする前に、現在抱えている不満を整理したら、いよいよ転職活動のスタートです。不平不満のあまり、勢いで行動するのは避けましょう。現在の職場を辞めたいあまり適当なところで手を打ってはいけません。

始めに医師の転職を専門とする医師紹介会社に登録します。お勧めの医師専門の医師紹介会社はこちらをご覧ください.

登録後、まずは転職を手伝ってくれるパートナーである医師紹介会社のコンサルタントとの面談があります。現在の勤務地によっては電話での面談となる場合もあります。

ここで、医師紹介会社を上手に使えるか、コンサルタントとの信頼関係が築けるか。それが運命を大きく分けます。「何のために転職するのか」ということをしっかりとコンサルタント側に伝えることが最も重要です。

医師が転職によって解決すべきことのなかで最も優先順位の高い「不満」、2番目に高い「不満」をコンサルタントに伝えることで、より希望の条件に合致し、「不満」を解消する求人を手に入れることができます。

医師紹介会社やコンサルタントとしては、転職してもらいたいわけです。1人の医師が転職することで、医師紹介会社やコンサルタント側には採用した医療機関などから成功報酬として多額の成功報酬がもらえることになっています。

そのため医師紹介会社やコンサルタント側も色々な求人を紹介してくるのです。

中には希望の求人もあるかもしれませんし、全く見当違いな求人が紹介されるなんてこともあるかもしれません。

他にも話をする中で、転職のプロであるコンサルタント側が全く気付かなかった提案をしてくることだってあります。

より良い転職を実現させるためには、今の現状や家族環境、また今の仕事における不満を正直にコンサルタントに最初の段階で伝えることです。

不満の明確化こそが重要です。何のために転職をしようとしているのかを明確にしないままに転職活動を始める医師は非常に多く、そんな医師の転職活動は長期戦になってしまいます。

求人情報を見たときに、「あれも良い」「これも良い」となってしまい、活動を始めることに二の足を踏むだけでなく、「あれもこれも」満たすめったに出てこない求人を待ってしまうためです。

コンサルタントと話をする前に、「何のために転職するのか」を整理しておくと、コンサルタントとしても「何が問題で転職しようとしているのか」「どういった求人であれば、よりよい今後のキャリア形成、プライベートの充実を実現できるか」を問題意識をもってコンサルタント側も動くことが出来ます。

それだけでも希望とする転職活動の成功率は大きく上昇します。

日常診療や論文執筆等でなかなか時間を取りにくいかもしれませんが、何度も転職を繰り返したりせずに、医師としてのキャリアを形成していけるよう、事前の準備をしっかりと行い、コンサルタントや医師紹介会社側にもはっきりと転職を考える要因となった「不満」を共有することで、より良い転職が実現できるのです。

-医師転職
-, ,

© 2021 医師紹介会社ランキング| 医師求人転職サイトの比較と口コミ